calendar circle-right circle-left

ほうれい線、顔のたるみ、目の下のたるみしわの悩み解決 函館エステサロンローズ

ローズ通信

ローズ通信

ストレスが肌老けを加速させる?

美容コラム | 2017年3月11日

ストレスは血流や生体リズムを司る自律神経を乱すので、肌が冷えたり、腸の調子が悪くなったり、質の良い睡眠がとりにくくなったりとトラブルを招いてしまいがちです。肌のバリア機能が低下して炎症を起こした状態になってしまい外からの様々な刺激を受けやすくなります。


例えばコラーゲンを破壊する酵素などの分泌も増え、ハリ、弾力の低下、くすみなどを引き起こすことも。


1.【血流】 ストレスで肌の血流が悪くなり、肌を冷やしてしまう。


2.【炎症】 肌冷えでバリア機能が低下。炎症トラブルを引き起こす。


3.【加齢】 炎症のある肌ではコラーゲンなども劣化しやすく老けやすいという事実


ストレスによる肌荒れにご注意を。


 


◆肌作りの基本となる生活習慣を整えることが大事


① バランスの良い食事


② スムーズな排泄


③ 適度な運動


④ 十分な睡眠


⑤ 精神的ストレスのケア


肌に摩擦は禁物です!お手入れのポイントはタオルなどでゴシゴシ擦らず、手のひらの温かさで優しく包み込むように触れましょう。