calendar circle-right circle-left

ほうれい線、顔のたるみ、目の下のたるみしわの悩み解決 函館エステサロンローズ

ローズ通信

ローズ通信

ダイエットには栄養対策が不可決!!

美容コラム | 2017年4月24日

健康や美容を考える場合、栄養の取り方はとても貴重です。体は毎日少しずつ変わっています。壊される細胞もあれば作られる細胞もあります。傷を受ける細胞もあれば、それをいやすこことも行われています。そのすべては摂取された栄養によってなされているのです。栄養の基本は毎日の食事。1日3回の食事をして、1年間365日が過ぎると人は1000回以上食事をしているのです。体の為にきちんと3回の食事をしている人、作るのがめんどくさい、おいしいからと外食ばかりの3回の食事をする人では健康レベルの差が大きく開くことは予想できます。美しく健康的になるには、上手に栄養を取ることは必要不可欠です。


①外食も食べ方次第で味方に!かたよりがちな栄養面もバランス良く


 近年の女性は社会進出が目覚ましく忙しい毎日ではついつい外食も増えます。外食がすべてが栄養価ではなくすべてが悪いのではありません。大切なのは選び方です。大半の人がおいしいと感じるのは、やや濃い味付けで油を多量に使ったものです。そのため外食では塩分と油分を多く摂りすぎてしまう傾向があります。また、外食は食欲旺盛な男性でも満足できるようやや多めの量で作ってあります。そのため食べ過ぎてしまいます。店を選ぶ時にはゆっくりと食事ができるところをさらに、油をあまり使っていない料理が主流であれば理想的です。メニューは1品ものより野菜や汁物などがついた定食形式のものを選ぶかサイドオーダーなど追加注文し、沢山の野菜を摂れるようにすると良いです!!忙しくて外食が多い人も少し心掛けてバランスの良い食事、健康的なメニューにすることはできます(^^)v


②ローコストでバランス良く食べたい


 栄養バランスの良い食事は必ず高価とは限りません。リーズナブルで美味しく健康的な食事は可能です。現代の日本の食生活では、ほとんどの栄養素が目標より多く摂取できています。しかし、不足している栄養素としては、カルシウムがあげられます。カルシウムが体内で不足すると骨粗しょう症が心配されます。骨粗しょう症は以前は更年期以降の女性がなりやすいとされていましたが、最近では、無理なダイエットなどで若い女性にも増えてきているそうです。ローコストでカルシウムを十分にとれるようにチーズや牛乳、小魚などは常に冷蔵庫にストックしておくと良いです。さらに植物性タンパク質の豆腐や納豆も心掛けていないと摂りにくいものです!


ダイエット中栄養対策をおこたると、しわやたるみができ老化につながります。ただ痩せれば良い訳ではなく、綺麗に痩せるのがりそうですよね。


美BODYで若々しくいつまでも輝く女性になりましょう(^_^)/